カードローンの借り方は?どうやって借りる?

img

カードローンの申込みは、インターネットや無人契約機を利用すれば、誰にも合わずに気軽にカードが作れます。
昔は消費者金融の窓口に言って、担当者と対面で話をしてからでないと借りられませんでしたが、ネットや設備の普及で便利になりました。
ただし、審査基準がゆるくなったわけではないので、必要書類を抜け無く用意することが大事です。
サラリーマンの方なら給与明細、個人事業主の方なら納税を証明する確定申告書を提出して、契約申請を進めていきます。


インターネットでのお申込み方法と注意点

img

インターネットの場合、カードローン業者の公式ホームページから契約の申込みを行います。
ご自身の情報を記入し勤務先の情報ももれなく入力します。
どこかに不明点があればカードローン会社から電話連絡が来ますので、正確に入力しなければいけません。
提出する必要書類は、免許証や収入証明書です。
免許証は携帯画像を添付して送ることができ、収入証明書は、コピーをとって郵送するか、スキャナで取り込みデータを送信します。
審査に通れば、次は契約書に必要事項を記入し、契約完了となります。
早くて最短借入れができるようになるでしょう。

無人契約機でのお申込み方法と注意点

img

無人契約機では、契約申込みをタッチパネル画面で進行していき、不明点があればその場に設置されている電話でオペレーターと会話をしながら申込み書類を作成していきます。
店頭契約と違って誰かと会うわけではないのですが、無人契約機に入るまでに誰かに見られる気がして、正直少し勇気が要ります。
カードローンは、パソコンだけではなくスマホからでも申込みができるので、やりやすい方を選んで契約申請を行いましょう。

カードローン審査おすすめランキング

アコム

img

申し込み


アイフル

img

申し込み


カードローンの借り方は?審査に通らない!【どうやって借りればいい?】記事一覧

正社員や契約社員ではなく、パート・アルバイトの場合では、カードローンの審査はどうなんでしょう?結論からいうと、パート・アルバイトでも借り入れは可能です。条件を満たしていれば、パート・アルバイトでもカードローンは作ることができます。ただし、最低1年間程度の就業年数が必要なのと、他社での借入れがあった場合、それと合算して年収の3分の1までの融資枠しか作ることができません。パート・アルバイトの必要書類は...

カードローンは、経営者の方でも借入れをすることが可能です。ただ、一般のサラリーマンと違い、提出する書類が違ってくるので注意が必要だといえます。一般のサラリーマンがカードローンで借入れを行う時には、源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書の写しが必要です。一方、経営者の方が事業の運転資金を確保するために借りるカードローンの場合は、確定申告書や事業計画書などの書類が必要になります。■ 経営者(個人事業主...

専業主婦の方が仮にパートやアルバイトなどで収入を得ている場合は、年収の3分の1までの金額であれば借入れが可能です。しかし、主婦業のみで所得が無い場合は、配偶者である夫の同意書と配偶者自身の所得証明書が必要となります。このような書類の提出義務は、総量規制による法律で義務付けられているものであり、無職の専業主婦には、法改正以前よりも融資され難くなっています。■ 法規制の対象外「銀行系のカードローン」銀...

カードローンの審査は、安定的な収入があるかどうかが貸付の際の判断基準のひとつになります。そのため、雇用契約が派遣社員の方でも、ほとんどの業者でカードローンを作ることができるでしょう。ただし、お仕事を始めたばかりの方や、短期日雇いの派遣社員の場合は、借入れを渋られる可能性が高いといえます。そういった場合でカードローンを借りれるようにするには、有る程度の就業年数が必要です。最低限として就業年数1年以上...

無職・失業中の人は、カードローンでお金を借りることができません。カードローン業者は、継続して安定した収入がある20歳以上〜69歳までの人でなければならないという貸付のルールがあります。また、法律の総量規制によって年収の3分の1までという制限があるため、収入がない無職・失業中の人は法的にも、消費者金融でお金を借りることができないのです。※ 銀行系カードローンは総量規制の対象外です。■ 総量規制とは?...

カードローンを作る際に年金収入しかないケースでは、審査はどうでしょう?基本的にカードローンは、年金収入だけでは借りられないことになっています。定期的な収入を確保している人を対象に、貸付が行われているのです。また、融資可能な年齢上限も70歳までです。例え年金以外に他の収入がある場合でも70歳になると、融資がストップされてしまいます。■ 年金は担保にならない年金は、返済不能時の担保にはならないというこ...

カードローンは、基本的に外国人でも契約することができます。ただし、以下の3点が借入れの審査の際に求められます。日本に永住権を持っていること日本でお仕事をしていること契約内容を理解できる程度の日本語能力を有していること。身分を証明でき、今後も日本で生活することが約束できる外国人であれば、カードローンでの借入れに、問題はないでしょう。■ 長期在留外国人は借りることができない?今現在は、日本で働いていて...