カードローン審査アルバイト

カードローンはパート・アルバイトは審査に通らない?

相談

正社員や契約社員ではなく、パート・アルバイトの場合では、カードローンの審査はどうなんでしょう?

結論からいうと、借入れが可能です。

条件を満たしていれば、パート・アルバイトでもカード
ローンは作ることができます。

ただし、最低1年間程度の就業年数が必要なのと、他社での借入れがあった場合、それと合算して年収の3分の1までの融資枠しか作ることができません。


■ パート・アルバイトの必要書類は?


パート・アルバイトの方が、借入れを申込む際に必要となる書類は、まず収入証明書に該当する書類です。

給与明細書でもOKですが、国税や住民税の領収書、源泉徴収票、社会保険料の領収書などでも受け付けてくれます。

なお、給与明細書は直近1か月分の書類の提出が求められます。

あと必要になるのは、公共料金の領収書です。

電気代やガス代、固定電話やNHKなどがそれに該当します。(※携帯電話の領収書はNG!)

なぜこれが必要になるのかというと、実際に生活を営んでいる住所を特定するためです。

最後に身分を証明できる書類も必要です。

運転免許証やパスポート、健康保険証などがそれに該当します。

これら3種類の書類がきちんと揃えば、パート・アルバイトでも問題なく、カードローンを契約することができるでしょう。


■ 身分証は住民基本台帳カードでもOK!


運転免許証などの身分証を取得していない人は、顔写真付きの住民基本台帳カードの提出でも受け付けてもらえます。

住民基本台帳カードは、お住まいの市区町村が交付している個人情報のデータが入ったICチップ付きのカードです。

免許証と同じく、身分を証明できる公的な書類だといえます。

免許証を持っていない人は、この住民基本台帳カードを自動契約機や窓口に携帯すれば、身分証として受理してくれます。

なお、ネットで借入れ申請をする際には、免許証と同じくこのカードの画像を添付して送信すればOKです。


HOME カードローンの借り方は? 審査通りやすいカード会社 運営者に関する情報 アコム公式へ