カードローン審査無職

無職・失業中でもカードローン審査通る?

相談

無職・失業中の人は、カードローンでお金を借りることが
できません。

カードローン業者は、継続して安定した収入がある20歳以上〜69歳までの人でなければならないという貸付のルールがあります。

また、法律の総量規制によって年収の3分の1までという制限があるため、収入がない無職・失業中の人は法的にも、消費者金融でお金を借りることができないのです。

※ 銀行系カードローンは総量規制の対象外です。


■ 総量規制とは?


総量規制は、消費者金融を対象とした貸金規正法による貸付の際の規制のことです。

個人が借入れを行う場合を対象に、原則年収の3分の1以内の借入れに制限が設けられています。

これは、借り手が収入に見合った借入れを行うようにするため、設けられた法規制であり、あくまでも消費者金融から借りる場合のキャッシングローンを対象としています。

また、個人事業主や経営者が借りるビジネスサポートローンなどは、規制の対象には含まれていません。


■ 仕事を始めたばかりでもカードローンは難しい


仕事をしていなければ、カードローンを作るのは難しいと考えて間違いありません。

また、仕事を見つけて間もない人も、審査に通らない可能性があります。

ですから、カードローンはお金と仕事に余裕があるうちに作っておくべきなのです。

例えば転職を考えている場合、後々転職先での仕事がうまくいかず続かないことも考えられます。

そうなる前にカードを作っておくと、生活費などの資金面で非常に助かることがあるでしょう。


HOME カードローンの借り方は? 審査通りやすいカード会社 運営者に関する情報 アコム公式へ